創業融資 中古自動車

メディアアートとしての整体院 > 仕事 > 創業融資 中古自動車

創業融資 中古自動車

2012年7月22日(日曜日) テーマ:仕事
創業融資を受けるには、どうしたらよいのでしょうか?
こんど中古自動車販売業を立ち上げるにあたり、創業融資を受けたいと思っていますが、
創業計画書とか、まじで時間がかかりそうで困っています。
創業融資について調べるうちに、伊丹万作の著作権切れの文章にはまってしまいました。
以下、著作権切れなので、みなさまと一部シェア!
 映画を今の純文学のように、あるいはまた能楽のようにして民衆との縁を断ち切つていいなら、どんな高い仕事でもできる。しかし、それでは映画でなくなつてしまう。あのようなラジオを聞き、あのような演芸を喜ぶ人々が、同時に映画の客なのだ。映画も浪花節も同じ一つの社会に咲く花なのである。つまり映画の質を規定するものは、半分はそれを作る人であるが、他の半分はそれを作らせる社会である。したがつて映画を引き上げることの本当の意味は、映画と同時に、その映画をささえている観客一般の文化の質を引き上げることでなければならぬ。
 少なくとも、私の見解はそうであるし、一面、今までの映画の歴史はそれを証明してあまりがあると思う。ここにこの問題の大きさと、はかり知れぬ重量があり、選ばれた何人かの人々の相談のみをもつてしては容易に片づけにくい理由があると思う。これからさき、この問題はいつたいどうなるのであろう。簡単な問題ではない。
 次に量の問題であるが、日本国内で、劇映画、年四十八本製作という数字は決して過少ではないと思う。このうち、例年のとおりベスト・テンを選ぶとすれば、なお三十八本の平凡作が残る。少なくとも四十八本全部見逃せない作品ばかりだというようなことは残念ながらちよつと考えにくい。つまり質本位に考えるならば四十八本大いに結構といわなければならぬ。
創業融資についてもちろん、伊丹は何も語っていませんが、そこは確かに世界の伊丹。
創業融資についても、行間からにじみ出るものがあります。
 しかし、今まで一本かりに五万円平均の撮影費だつたのが、本数が四分の一になつたから、今後は二十万円かけられるという計算は、ちよつと楽天的すぎるようだ。我々の知つているかぎりでは、五万円でできる写真に、わざわざ二十万円かけるというようなむだな算術は、映画事業家の間には存在しなかつたように思う。
 一率に、どの作品もプリント五十本という案は、本当かうそか知らぬが、もし実現すれば、早晩行きづまるような気がする。プリント数には相当の弾力性を持たせておくのが常識だろう。
 ここらで映画の前途に見きわめをつけて、そろそろ手を引く事業家が出てくるかもしれぬが、もしそんなことがあつても、このような多難な時期に映画を見捨てる人に対して、五十万円だの百万円だのという退職手当は出さないでもらいたい。そんな金があるなら、ぜひ犠牲者のほうへまわしてもらいたい。
 こうなると、さなきだに不自由なN・Gが、いよいよ切り詰められて、手も足も出なくなることと思う。ここまでくれば、各監督はもう今までの個人主義的なやり方をすつかり改めなくてはいけない。今まではN・Gの問題はほとんど対会社の問題であつたが、今では、明らかに対同僚の問題となつてきている。このような時期になつても、なお一尺でもがんばつて、自分だけいい作品をあげようとするような態度は唾棄すべきだと思う。そんなけちな芸術良心は日本人なら捨てるがいい。
 作品の不足から街には早くも再上映の氾濫らしい。写真はいまだにかせいでいるのに、それを作つた人は路頭に迷つていたというような皮肉なことが起らなければいいが――。写真が何べん上映されても、作つた人にはいつさい関係がないというのは合点の行かない話だが、これも結局はこちら側の不行きとどきで、いまさらあわててみたところで始まらない。
創業融資について、上記伊丹万作の文章はご参考になりましたか?
事業計画書をつくるなら、日本政策金融公庫のHPもよいですが、
創業融資についてはいろいろな行政書士のHPも参考となりますね。

関連記事

入国管理局 埼玉

入国管理局 埼玉

2013年3月27日(水曜日)

入国管理局 横浜

入国管理局 横浜

2013年3月17日(日曜日)

質問書の記入例

質問書の記入例

2013年1月12日(土曜日)

品川入国管理局へ行ってきたよ

品川入国管理局へ行ってきたよ

2012年11月19日(月曜日)

内容証明

内容証明

2012年11月12日(月曜日)