帰化許可申請と英連邦

メディアアートとしての整体院 > 仕事 > 帰化許可申請と英連邦

帰化許可申請と英連邦

2012年7月 6日(金曜日) テーマ:仕事
帰化許可申請をする際に、マイナーな国だと得をするということはあるのでしょうか?
最近、帰化許可申請をした有名なDさんの例を持ち出すまでも無く、日本国籍を取得する白人の方も結構いらっしゃいます。モーリシャスは英連邦の国ですが、英連邦について調べてみました。日本人のような単一国家の場合、連邦というものが、どうにも意識しづらいところがあります。1971年に、独立した主権国家の連合体となったようです。もう調べてみてびっくり!なんと54カ国が今現在、イギリス連邦に加盟しているそうじゃないですか! いや、認識不足でした。帰化許可申請をする人は圧倒的に中国の人が多いですが、イギリス連邦の加盟国には、インド、カナダといった、かなりの大国も含まれています。そのほかには、バングラデッシュ、マレーシアなども、今も英連邦の加盟国なのですね!! アフリカ諸国も、かつて植民地であった、南アフリカやナミビア、ケニア、ナイジェリア、ルワンダなど、相当問題のある国も含まれていますが、イギリスが今でも国際的な発言力を保っているのには、こうした英連邦の背景もあるのでしょうね。帰化許可申請をするUさんは、シエラレオネという国のご出身なのですが、この国も、初めて聞く名前でした。"



関連記事

入国管理局 埼玉

入国管理局 埼玉

2013年3月27日(水曜日)

入国管理局 横浜

入国管理局 横浜

2013年3月17日(日曜日)

質問書の記入例

質問書の記入例

2013年1月12日(土曜日)

品川入国管理局へ行ってきたよ

品川入国管理局へ行ってきたよ

2012年11月19日(月曜日)

内容証明

内容証明

2012年11月12日(月曜日)